202号表紙

No.202(平成1年8月)

特集:

ウォーターフロント 海辺との出会い

ウォーターフロント 海辺との出会い

市民に親しめるウオーターフロント(水際)に

(右上)
東。浜手バイパスと阪神高速道路がゆるやかなカーブを描いて海をまたぎ、くしの歯状の在来突堤の右前方にポートアイランド、さらに左前方に六甲アイランドが見える。手前、浜手バイパスの下の建物はメリケンパークのフィッシュダンスホール

(左上)
南。メリケンパークと中突堤。左右の陸地は、右側の先端が和田岬、左がポートアイランド。魚眼レンズで見ると、両陸地が防波堤のようにメリケンパークをすっぽりと覆っている

(右下)
北。市街地。緑の山並みと白い夏雲のコントラストが美しい

(左下)
西。ポートタワーの前方に見えるのは、JR湊川貨物駅跡地のハーバーランド。高度情報化社会に対応する新しい拠点づくりが進められている

写真
沖合いから見た須磨海岸。実際は焼けるように熱い海岸の砂浜も、沖から見ると、青い空と海が一つにとけ合っていかにも涼しそうだ
写真
鉢伏山 ニノ谷 三ノ谷 敦盛石塔、一ノ谷 内裏跡 鐘かけ松 鉄拐嶺(摂津名所図会から)
  • 写真須磨海浜水族園の「イルカライブ館」で、華麗なイルカのショーに見入る観客
  • 写真
    兵庫の生けすは今在家町の浜にあり 常に鮮魚を生けてしけの時不漁の用とす、和田社 和田御崎 遠矢浜
    写真
    生田社、生田桜馬場 一ノ鳥居
    写真
    沖合いから見たポートアイランドのビル群。あいにくの曇り空だったのが残念だが、島内で見るのとはまた違った迫力がある。左から、少し見えているビルも含めて三つ目がメリケンパークのホテルオークラ神戸で、後ろから先輩たちに仲間入りしている
    写真
    菟原住吉 馬場前 求塚 雀松原、岩谷邑 敏馬社 求塚
    ページトップへ